2006年8月22日 (火)

高校野球

引き分け再試合という、高校野球史に残る決勝戦となった、今年の高校野球。優勝した早実も立派だが、駒大付属苫小牧たいしたもんだ・・・と思いました。
でも、いつも高校野球をみてると思うのだが、立派なのはなにもこの2校だけではないと思う。そうではなく、いかに努力して、また頑張って、ひとつの試合に打ち込むことができたか、にあるのだ。そこに感動がうまれるのだから・・・。そうやって考えると、あるひとつの行為に関しての素晴らしさは、各個人の頑張りに委ねられることになる。
高校球児のなかには、甲子園に行けないで涙を流した人もいるだろう。逆に地方大会一回戦でまけても、それが素晴らしく充実した夏だった人もいるはずだ。早実の選手たちと、地方大会一回戦でまけても、充実した夏だった人たちも、素晴らしさの点では同一ということもあり得る、と思うのだ。野球だけのはなしじゃ、なくなってしまった・・・。たゆまぬ努力はみな美しいのじゃよ・・・。と思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)